花巻中央地区コミュニティ会議

bar-com-flour.jpg

どこまでお花で、どこから子ども達?
  近所の子ども達も集う花巻市まなび学園、その向かいの花巻中央振興センター内に事務所を置く花巻中央地区コミュニティ会議は、銀河鉄道を夢みた宮澤賢治の生家や南部藩の花巻城址の有る閑静な街18行政区で構成します。

  2006/平成18年1月1日、隣接する3町1市が合併し(新制)花巻市となりました。
  そして 2007/平成19年6月18日、市内の各地域が自主的にまちづくりを推し進める基本の区域として、27のコミュニティ地区を定め、各地区の振興センターを拠点にした、地区住民による 「コミュニティ会議」 を組織しています。

花巻旧町の18行政区

  花巻中央地区コミュニティ会議 は、大通り一丁目、大通り二丁目、末広町、桜木町、南川原町、鍛治町、双葉町、上町、豊沢町、東町、 大町、仲町、御田屋町、里川口町、城内、花城町一区、花城町二区、 吹張町 の18行政区で構成し、歴史を保ち文化を育む地域・街づくりに取り組んでいます。

  コミュニティ会議の事務局がある 「花巻中央振興センター」 は、まなび学園(花巻市生涯学園都市会館、元岩手県立花巻南高等学校、旧制花巻高等女学校跡地)と同じ敷地内にあります。  振興センターの建物は、まなび学園の向かいに在り、かつての南校(通称なんこう)の定時制食堂と合宿所に使われていました。 (残念ながら現在の当振興センターは、防災の関係上、一般のご利用はできない施設となっています。)

事業概要

コミュニティ会議は、健康で明るい豊かなまちづくりを目指し、
○ 生活環境、自然環境の向上 及び ごみの減量推進
○ 地域福祉、子育て支援、保健活動
○ 青少年の健全育成、生涯学習
○ まちづくり、地域の活性化、道路・河川整備
○ 防災、防犯
等々の事業を行います。

≪関連例規≫ (参照 【花巻市例規集(例規ネット)】 )
 『花巻市まちづくり基本条例』
 『花巻市コミュニティ地区条例』
 『花巻市振興センター条例』