ソーシャル ディスタンス

 人類は群れを成し社会を構成し、その教育は、社会的区分の下に制度化(*1)され、「集合」 を基本に行われてきましたが、2020年、感染病拡散防止のため、集合を否定し、人と人とは隔たることを薦める、例えば、学校の休校、活動の取り止めなど、様々な措置が講じられました。

 しかし、学校を休校にしても、家庭や他所の何処かにしわ寄せがいき、その対策には限界がありました。
 また、緊急措置とは言え形式的な 「隔たり」 を設けたとしても、それを恒久化できるはずもなく、むしろ、隔たりは、子ども達に更なるストレスとなります。

 隔たりによるストレスは、対人意識が歪み、コミュニケーション能力に問題を生じさせかねません。
 更に、リモートだオンラインだと言って、パソコンやネットワーク環境を安易に与えることは、未熟な頭脳に偏った知識を多く持たせはすれ、その偏りによって人格の形成にも偏りを招きます。

(*1) 制度化 ⇒【UNESCO 教育の分類】@Concept

群れてくっ付き育つ子ども達

 子ども達は、群れて触れ合い、くっ付いたり離れたりして、成長します。
 子ども達は、群れて、ごっこ遊びをとおして、社会性を身に付けるます。
 子ども達に先ず必要な社会性は、生活の仕方の基本と対人マナーであり、その体得は、各々の成長時期に自発的に取り組める 「体験活動」(体験学習) によって培われます。

⇒【想定外を学ぶ体験活動】@Concept

⇒【二元キャンプ】@