UNESCO 教育の分類

ip0_02

ユネスコによる教育の分類

UNESCOは、教育(学習)を次の四つに分類しています。

U.N.E.S.C.O.
国際連合教育科学文化機関 United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization

① インフォーマル教育

Informal Education【民間教育】家庭教育などの無定型的教育。
 家庭、職場、地域、市場、図書館、マスメディア等、日常の環境や経験と遊びから教育上の影響を受けることによって、知識や価値観、態度、技術が付随的に伝達される、非組織的な生涯にわたる教育プロセス。

② フォーマル教育

Formal Education【学校教育】学校や公教育などの定型的教育。
 確立した教育機関において制度化され、学習のレベルと一定の期間とスケジュールが設定され、フルタイムの学習が与えられる教育システム。
 主に5歳から25歳くらいまでを対象とすることが多い。

③ ノンフォーマル教育

Nonformal Education【学校外教育】社会教育などの非定形的教育。
 ある目的をもって組織され、正規の学校教育とは別に実施される教育プログラム。
 放課後など、実施時点に学校教育外にある成人や子どもが対象となる。

④ 継続教育

Cotinuing Edcation 基礎教育修了後に行われる追加教育。
 日常生活や職業上の特化的・専門的なニーズを満たすための教育。
 本来は、成人を対象とした教育。

教育の始り

 教育は、年長者が、生活の術 (すべ) や 生業 (なりわい) を 次の世代に伝えた (イン‐フォーマル教育) に始まり、その後、人類に統治というものが始り、統治に必要な制度が生れ、被統治者を統べるための教育 (フォーマル教育) が生まれました。

青少年教育は ノン‐フォーマル教育

教育: 教育とは、一人の人間として、また社会のー員として、能力の継続的な発達を可能にする一生続く過程のことである。

青少年の教育: 自主的で、支えとなり、責任を取ることができ、明確な態度をとることのできる青少年の教育を目指す。
『21世紀の夜明けにあたっての声明 A STATEMENT AT THE DAWN OF THE 21ST CENTURY』
(世界5大ノン・フォーマル教育団体; 世界YMCA同盟、世界キリスト教女子青年会 (世界YWCA)、世界スカウト機構、ガールガイド・ガールスカウト世界連盟、国際赤十字・赤新月社連盟、国際アワード協会 による声明)

ノンフォーマル教育の役目

 教育は、 「教=知識習得」 と 「育=人格形成」 とも言われますが、
ノンフォーマル教育は、特に 「育=人格形成」 の部分を担います。
そのため、ノンフォーマル教育は、不定期だったり単発的な活動にならないよう、継続的で累進的なプログラムを遂行できる体系的な仕組みが必要です。

 ノンフォーマル教育のプログラムは、単年度に1回以上のピークを設け、日常の活動は、そのピークに向けた自己研鑽の機会とします。
そしてそのプログラムは、更に累進的に毎年継続されることによって、初めての子は初めての体験をし、継続してきた子は年齢成長に伴い新たな気付きを持ちます。

 

子どもの参画 ⇒【子どもの参画】@Concept